世界で戦った男が伝授するハイレベルな技習得法

「相手のバランスを崩すテクニックがうまく使えない」

「自分の得意な技がないと感じている」

「具体的な技の磨き方について知りたい」という方へ。

柔道の勝ち方を身につけるために必要な技術について詳しく説明します。

柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~ 【世界選手権2階級制覇・五輪銅メダリスト・筑波大学柔道部副部長 岡田弘隆 監修】オンライン版

これまでの経験や感想を踏まえて、あなたの柔道スキル向上をサポートする情報をお届けします。

この岡田先生の柔道上達プログラムには、上級者に共通する柔道技の効果的な応用方法がたくさん含まれています。

具体的には、『崩し方』、『タイミング』、『間合い』、そして『スピード』といった要素を使って、様々な柔道技を磨く方法や、連絡技、変化技など、技術の幅を広げ、勝負力を高めるための秘訣が伝授されています。

「厳しいトレーニングじゃないの?」 「特別な環境が必要じゃないの?」 「私みたいな小柄な体型でもできるの?」と不安に思う方も安心してください。

上達したい気持ちさえあれば、誰でも実践可能です。

無理な無茶なトレーニングではありません。

監修者である岡田先生は、個人として世界選手権での連覇や2階級制覇、そしてオリンピックでの銅メダルだけでなく、指導者としても全日本学生柔道優勝大会で8回もの優勝実績を持っている方です。

岡田弘隆監修による柔道上達プログラムについて

柔道の上達を目指す方々へ役立つアドバイスです。

このプログラムは、世界選手権での2連覇や五輪メダリスト、そして日本代表コーチとして5つの金メダルを獲得した岡田弘隆監督によるもので、試合での勝利に向けて無駄な苦労をせずに、柔道の技術を向上させるための秘訣を伝えています。

従来の稽古方法に疑問を持っている上級柔道選手には特におすすめです。

YouTubeや無料の動画を見ても正しい方法が分からず混乱していたり、たくさんの稽古をこなしているのに強くなれないと感じていたり、今の稽古内容や指導方法に疑問を抱いていたり、試合で有効な技が使えないことに悩んでいる方にぴったりです。

それでは、柔道の上達にどのような稽古が必要だと考えますか?また、理想の身体を作り、試合で結果を出すために何が必要でしょうか?もちろん、筋トレや強い相手との稽古、技の習得などが重要ですが、それだけではトップレベルの柔道選手にはなれません。

このプログラムには、柔道で真に強くなるための全てが詰まっています。

岡田先生の手ほどきにより、攻防の楽しさへの道が開かれます。

彼は筑波大学柔道部の監督を務めた経験を持ち、講道館柔道五段であり、体育科学の博士号を保有しています。

その手腕は、まるでティラノザウルスのようなものです。

岡田先生の柔道指導に感動

50歳を過ぎても、誰もが稽古を求める人々を歓迎する姿勢が素晴らしいです。

柔道は幅広い年齢層の愛好家がいて、岡田先生は幅広い世代の人々と稽古をしてきました。

さらに、相手は国籍に関わらず多くの人々の「受け」を務めてきた岡田先生らしさが感じられます。

この動画教材は、「受け」に焦点を当てた充実した内容で、それが面白く、上達への近道になることを強調しています。

金丸雄介様からのコメントもあり、岡田先生の指導の素晴らしさが伺えます。

技術指導においても基本を大切にし、多くの技術を段階に応じて教えてくれた先生であることが分かります。

動画教材には岡田先生の幅広い指導ノウハウが詰まっており、技術の解説だけでなく各種練習の留意点まで詳細に解説されています。

私自身もこの動画教材を通じて、指導を再確認できました。

このような動画教材を通じて、本格的な柔道を目指すことをお勧めします。

登場人物の経歴と学生時代の柔道指導者について

坂本道人様は、福岡大学スポーツ科学部の男子柔道部コーチとして、数々の実績を持つ指導者です。

崇徳高校を経て筑波大学に進学し、柔道部の主将も務めるなど、選手としても活躍しました。

その後、実業団選手として活動し、さらには研究員としても経験を積み、現在は大学での講師を務める傍ら、男子柔道部のコーチも務めています。

彼は2011-2012年および2014-2016年の世界柔道形選手権大会で投の形(取)で優勝するなど、指導者としての実力も兼ね備えています。

坂本道人様は、大学入学と同時に岡田先生が柔道部の監督に就任したとき、そこで柔道に対する真摯な姿勢や技術だけでなく、選手に求められる心構えやトレーニング方法について熱心に指導を受けました。

彼は教員としての経験を積みながら現在も、大学時代の教えが自らの礎となっていると述べています。

また、山口 香様も坂本道人様について述べており、彼女は岡田先生の動画教材を見て、中級者向けの内容でありながら競技者だけでなく指導者にも役立つヒントが詰まっていると感じているようです。

そして、坂本道人様が語る筑波大学の同級後輩である岡田君の経歴についても言及があります。

岡田君は世界一を目指し、1987年にエッセン世界選手権の78kg級で優勝し、世界チャンピオンとなりましたが、翌年の1988年のソウルオリンピックでの挑戦は振るわず、スランプに陥った経験も持っています。

柔道の名シーンを振り返る

しかしながら、彼の強い情熱が実を結び、86kg級から90年北京アジア大会で金メダルを獲得し、翌年の91年バルセロナ世界選手権でも優勝しました。

更に92年のバルセロナ五輪では銅メダルを獲得し、引退後は母校である筑波大学柔道部監督として活躍しています。

さらに、全日本男子コーチを12年間務めた他、スポーツ指導者在外研修員として1年間ヨーロッパでの研修経験もあり、12年前には少年柔道の指導に心血を注ぐ「つくばユナイテッド柔道」を立ち上げました。

その立場から得た豊富な知識と経験が中級者向けの教則動画教材に詰まっており、幅広い層に対して役立つものとなっています。

また、氏の徹底した柔道観がうかがえる内容は、チャンピオンから指導者まで、誰もが理解できるものとなっています。

柔道の世界への影響

岡田弘隆氏は、柔道における幅広い経験と洞察力を持ち、指導者としても重要な影響を与えています。

彼の著作には、特に言葉で説明しにくい身体の動きや技の微妙なニュアンスまでを的確に表現しており、非常に驚かされます。

また、氏の著作には、指導者の視点や柔道の「地力」を育む重要性が明確に示されており、これは柔道家だけでなく指導者にとっても示唆に富んだ内容となっています。

氏の揺るぎない柔道観は、柔道が世界的に変化する中で貴重な指針となり、多くの柔道家にとって重要な参考資料となるでしょう。

経歴と実績

1986年には嘉納治五郎杯で優勝し、1987年には全日本体重別選手権で優勝し、1990年には講道館杯や全日本体重別選手権で優勝し、1991年に全日本体重別選手権で優勝し、1992年には三連覇となる全日本体重別選手権で優勝。

その後、1988年のソウルオリンピックに出場し、1992年のバルセロナオリンピックでは86kg級で銅メダルを獲得。

その他、1987年の世界柔道選手権や1991年の世界柔道選手権、1990年のアジア大会、1993年のアジア柔道選手権でも優勝の実績がある。

また、岡田先生の指導を受けた選手が豊富な実績を挙げており、岡田先生は現在も指導者として活動している。

メディアでの評価

岡田先生は深見由利子さまによると、柔道における技や崩しのテクニックは豊富で実践的であり、現在も学生と一緒に稽古に励んでいる。

現役時代の経験や知識、技術が現在の岡田先生を支えており、動画教材にはその経験や技術が活かされている。

彼の指導は柔道を深く学びたい人や強くなりたい人にとって、基本的な技術から発展的な技術まで、自らの柔道を見つめ直す助けとなる。

筑波大学柔道部新入生 佐々木真矢さんの動画教材について

最初に、この動画教材を強くお薦めしたいと思います。

筑波大学柔道部の新入生、佐々木真矢さんによるこの教材は、現代の柔道界に大きな影響を与えるものと言えるでしょう。

私は最近まで、「精力善用」という言葉を「自分の持っている力を善いことに使う」意味だと誤解していましたが、実は「自分の力を効率よく使う」という意味だと知ったとき、柔道の本質がこの言葉に表現されていると感じました。

動画教材を拝見すると、相手の体の崩し方や体の使い方において、「精力善用」という理論が実践されており、その解説は非常に分かりやすく簡潔であり、大変感銘を受けました。

現代は柔道が武道から国際スポーツへと変わりつつあり、新しい技の開発や「指導」を狙った柔道、力任せの柔道が注目されていますが、それでもなお、柔よく剛を制す柔道の基本を理解することが極めて重要だと私は考えます。

この点で、この動画教材は現代の柔道界に大きく貢献するものと感じました。

私は今年から大学一年生として新たな柔道生活を始めますが、この時期にこの動画教材に出会えたことに大きな喜びを感じています。

また、筑波大学柔道部の柴田理帆さん、岡田先生は、幅広い世代の選手の指導を行っており、小学生から大学生まで、多くの選手に対応しています。

柴田さんは現在50歳でありながらも現役選手として稽古に明け暮れており、その健康ぶりは若い頃から実践してきたトレーニング方法や経験から生まれた技の使い方が理にかなっている証明と言えるでしょう。

そのため、高いステージを目指す小学生や中学生、高校生にとっても、非常に理解しやすく、学びが多い動画教材となっています。

この教材では、投げ技だけでなく、技の防御や固め技、組み手についてもしっかりと学ぶことができます。

柔道の大会での不利な状況でも負ける理由にはならない

自分より大きな相手や上位の相手でも、不利な組み手でも、それが負ける理由になることはありません。

しかし、それに気づくためには、原点に立ち返り、素直な気持ちで観察することが必要です。

そのような状況で勇気をもらい、思い切って自分の技で一本を取りにいくための動画教材があります。

解説を徹底的に行った筑波大学柔道部の新入生である荒川大智さんと岡田先生の動画教材を拝見しました。

私は岡田先生を、競技力だけでなく生徒への指導方法においても素晴らしい先生だと思います。

特に、現役時代に得意としていた足技の解説には驚かされました。

世界の選手を相手にしてきた岡田先生の解説は基礎から応用まで徹底しており、即座に役立つ技術から練習が必要な高度な技術まで、幅広く学ぶことができました。

このことから、技を考えることの重要性を再認識しました。

また、私の夢はオリンピックで活躍する柔道選手になることです。

つくばユナイテッド柔道の6年生である小川涼太さんも、岡田先生から教わっており、先生の指導がどれも難しいことではないが、大切なことであると感じています。

柔道上達プログラムについて

毎回指摘されることは、それだけ大切なことだと思います。

ですので、私は早くこれらのことを上手にできるようになりたいと思っています。

そして、将来はオリンピックや世界選手権で注目されるような選手になることが私の夢なのです。

試合で勝てない選手がどのような言葉を発するのか考えたことがありますか?YouTubeや無料の動画をたくさん見たりして、正しい技の入り方や連続技のバリエーションについて混乱したり、有利な組手を行おうとして弱腰な柔道になったり、相手の重心を上手く崩せないことで悩んだり、得意な技がなかったり、攻められない状況になったり、自分の得意技を活かせなかったりすることに苦しんだことはありませんか?また、寝技をかけるまでの選択肢が少なかったり、そして崩しの方法が分からずに不利な状況になることが多いことに悩みませんか?それから、寝技をかける具体的な方法が分からなかったり、実践的で試合を想定した技のかけ方が知りたいと思ったり、技別にタイミングや間合いの取り方のコツを知りたいと感じたことはありませんか?また、具体的な技の磨き方が知りたいと思ったり、その他にもさまざまな悩みや疑問がありませんか? しかし、意外かもしれませんが、このような様々な悩みや疑問を解決する方法があるんです。

私たちの柔道上達プログラムには、それらをすべて解決できる方法があります。

ここで、非常に重要なことについてお話ししましょう。

十分にご覧になってください。

この岡田先生の柔道上達プログラムでは、上級者の柔道家全員が共通して持つ大切な「柔道技を効果的に仕掛けるための崩し方、タイミング、間合い、スピード」といった様々な柔道の技の具体的なかけ方や連絡技、変化技など、技の幅を広げ、決定力を高めるための極意を教えています!その上、見栄えの良い「投げ技」で勝つための秘訣だけではなく、固め技の技術、相手の技の「防御法」を含む、強い柔道家になるために必要な全てが、このプログラムを実践することで身につけることができるのです。

これは、身体の大きさ、体力、さらには才能やセンスといったものとはまったく無関係なのです。

岡田弘隆先生の柔道指導法の特徴と効果

これまでの経験から、岡田弘隆先生は上達に必要な稽古の方法や、日本人選手の試合展開、柔道選手のコンディショニング、トレーニングに関する研究に長年取り組んできました。

その結果、『あなたが今より上達するため』の個人技術の磨き方、技のコツ、そして勝つための戦術と攻め方を動画教材に集約しました。

このプログラムは、総合的かつ効果的な内容であり、実践すれば確かな結果が期待できます。

また、ケガのリスクを考慮し、安全な稽古に取り組めるように工夫されています。

このプログラムを実践するために過酷な稽古や特殊な環境は必要ありません。

どんな身長や体格の人でも向上心さえあれば実践することが可能であり、無謀な辛い稽古ではなく、効果的な稽古はたった3つのことを意識しながら取り組むだけで大丈夫です。

それは、各柔道技での動作のポイントを覚えること、変化技や連絡技パターンの効率的な稽古法を知ること、そして技につながる“崩し”のレパートリーを増やすことです。

多くの方が不安に思っている「本当に、上達するのでしょうか…?」という質問に対して、岡田先生が指導した多くの方々は、指導前より上達してきました。

岡田先生の指導方法について詳しく解説します

岡田先生の実績は、個人として世界選手権で連覇や2階級制覇を達成し、さらにオリンピックで銅メダルを獲得するなど、非常に素晴らしいものです。

また、指導者としても全日本学生柔道優勝大会で8回も優勝するなど、その成果は顕著です。

もし「自分には柔道の上達方法がわからない」とお悩みの方がいらっしゃるならば、岡田先生のプログラムは、確実に現在の実力を向上させ、さらに理想的な柔道選手の体を手に入れることができるでしょう。

もし柔道選手または指導者として、柔道を向上させたいとお考えであれば、この岡田弘隆先生の柔道上達プログラムは非常に重要なツールとなるはずです。

そして、あなたが抱える悩みをこのプログラムが解決してくれるでしょう。

選手の方はもちろん、指導者の方も、柔道の技術や稽古法について知りたいと思っているかもしれません。

そして、誰しもが勝ちたい、強くなりたいという気持ちを持っていることでしょう。

しかし、強くなるためにはどうすればいいのか、そしてできれば楽をして強くなりたいと考えている方も居るでしょう。

しかし、柔道では強くなることと勝つことは必ずしも同じではありません。

柔道の勝負は、相手よりも多くのポイントを取ることによって勝利を収めるものであることが多かったかもしれません。

柔道の本質を理解した「組んで投げて勝つ」本物の柔道家になっていただきたいと思います

しかしながら、現在の柔道は、組み手を切り、有利な組み手を狙ってポイントを取りながら、投げるチャンスを狙う点だけを重視する傾向があります。

ですが、柔道の目的は試合でただ勝つことではなく、組み手を通して相手を投げ勝つことにあります。

柔道に取り組む皆さんには、この本質を理解し、試合でだけではなく組み手を通じて技を磨く本物の柔道家になっていただきたいと思います。

具体的には、試合で早々に組み手争いで終わるような柔道ではなく、妥協してでも組んで積極的に技を出し、一本を確実に取れる選手になることが重要です。

そのためには、基本の練習を繰り返し行い、組み手から足のステップや崩しの正しい動きを体得し、さらに技のバリエーションを学ぶことが欠かせません。

柔道の上達には、積極的な姿勢と基本技術を基盤にし、技の幅を広げることが大切です。

そのためには、一つ一つの稽古を大切にし、自己研鑽して技を磨く姿勢が重要です。

そうした姿勢を持つ方々は、柔道が上達し、指導者としても熱心に指導できるでしょう。

このプログラムは、長年にわたり培ってきた柔道上達のポイントを余すことなく詰め込んでいます。

中級者や上級者がどこから見ても取り組むことのできる内容になっています。

武道を学ぶ上で、古くから言われているように、良い師匠を見つけることが上達の秘訣です。

この動画教材が皆さんの師匠となれることを望みます。

それでは、具体的に、あなたの柔道技術に関する問題がどのような稽古で解決できるのか、このプログラムの一部を紹介しましょう。

柔道の組み手における戦略と技術の向上法

相手が有利な組み手でも投げられる可能性があります。

これは、自分有利に組むためにはより効果的なアプローチになります。

組み手の喧嘩に時間をかけ過ぎると、柔道の技を適切に行えなくなる可能性があります。

したがって、相手にも組ませ、それをわずかでも組み勝った状況をつくることが重要です。

この方法論について詳しく解説します。

組み手の持ち込み時間を延ばす方法

組手を五分以上持ち込むためには、自分の柔道を出しつつ相手の攻めにも対応することが欠かせません。

組み手の持ち込み時間を延ばすための秘訣と、相手を上回るための組み手の姿勢について説明します。

ケンカ四つの釣り手の争いへの対処法

ケンカ四つの場面で釣り手から取りにいくことが重要ですが、その際に釣り手の腕の位置の争いが生じることがあります。

このような場合に勝つための具体的な使い方についてプログラムで解説します。

ケンカ四つの苦手意識の原因と克服法

ケンカ四つに苦手意識を持つ人は多くいます。

この苦手意識の根本原因は、特定の部位を持たなければ勝負できないという心理的制約に関連しています。

これを克服するための方法を詳しく説明します。

奥襟を持たれた場合の対処法

奥襟を持たれる状況は選手にとって厄介な場面です。

特に、奥襟を切り離そうとして力むことが多いですが、そうではなく、より効果的な対処法について詳しく解説します。

柔道技の応用と実践方法を詳しく解説

しかしながら、体勢が安定することを妨げる要素が与えられた場合、それに対処することは不可能です。

奥襟を掴む相手に対処する方法は、相手から距離を取って有利な状況を作ることです。

これらの実践的な方法について、相四つとケンカ四つのそれぞれに分けて詳しく説明しています。

技の習得における指導の手順を間違えることに伴う最大のリスクとは何でしょうか?技の習得には最初に安全で難易度の低い技から始めることが当然です。

しかしこれは、ある程度の水準に達した後に、より時間と労力を要する技を指導するためのステップです。

具体的には、手技、腰技、足技をしっかり習得した後、捨身技を指導するという手順です。

さらに、これらの技を習得するためには避けて通れない、体重の移動を身につける練習方法があります。

これについては、詳細な内容をプログラムでお伝えします。

肩の可動域が狭い状態で優れた体落技を持つ選手の共通点は何でしょうか?体落技の釣り手は、相手の脇に自身の腕を沿わせることが基本です。

しかしこの方法を使用する際に肩の可動域が狭い場合、自身の体の回転が制限されてしまい、技の実施が難しくなります。

このようなケースに対処する有効な方法については、プログラムで詳しく解説します。

小柄な選手が大柄な選手を背負投で打ち破るための共通点は何でしょうか?背負投には前進と後進の2つの足さばきの道がありますが、小柄な選手がこの技を大柄な選手にかける場合、後進の足さばきで実行することが有効です。

相手が押してくる力を利用して技を決めることがポイントです。

その他、前進の足さばきからの背負投、一本背負投、背負落しのコツも、プログラムで詳しく説明しています。

一本背負投を最大の武器とする実践的な方法は何でしょうか?肘や肩の柔軟性が低いため釣り手を上手くたためない選手にとって、一本背負投はお勧めの技です。

この技には、引き手を持ってかける基本の方法と、より実践的なものである襟を持ってかける一本背負投の解説がプログラムに盛り込まれています。

誤った理解が怪我を引き起こすことがあるという点について、改めて強調します。

柔道の技を余すことなく学ぶ

多くの中高生柔道選手が、背負落としとして体落としと背負投を組み合わせた技を誤って理解していることがあります。

しかし、実際にはこれは正しい背負落としのかけ方ではありません。

そこで、正しいかけ方を網羅的に学ぶプログラムがあります。

奥襟を持った相手に対する決め技である大腰のコツや、浮腰や釣腰といった技のポイントもきちんと把握し、体得することができます。

また、払い腰や跳腰の特徴を理解し、実践例を通じて正しい意識を身につけるための解説も用意されています。

特に、跳腰を得意技とするための2種類の入り方についても詳細に説明されており、これによってより幅広く柔道の技を習得できるでしょう。

柔道のテクニックとは? 説明したい大きなポイントがたくさんあります

柔道の技「袖釣込腰」は、相手の袖を利用して投げるテクニックです。

通常は袖を持って相手の肩越しに投げますが、ポイントは回る際の足の使い方にあります。

プログラムでは映像を交えて分かりやすく解説しています。

袖釣込腰の難易度を低くするための秘訣や、内股の使い分け方、大外刈りの正しい習得方法、受け身のポイントなど、全てを解説しています。

また、大内刈りの実践時に返されないようにするコツも含まれています。

技の理想的な実演方法と実践的な指導

こうした不適切な表現や示唆について、具体的な事例を交えた解説と実演を行いました。

連絡技にとらわれない大内刈りの成功の秘訣とは? 大内刈りは、腕の長さや身長などの個人の体格に左右されにくく、連絡技としても応用範囲が広い技術です。

ただ、大内刈りを独立して使う場合、相手の重心を崩す方法を学ぶ必要があります。

プログラムでは、相四つの場合とケンカ四つの場合での崩し方や連絡技についても具体的に紹介しています。

小内刈りで相手を倒す!理想的な重心の崩し方は? 相手の体重をかかとに乗せることが、他の刈技同様に重要なポイントです。

具体的な方法は数多くありますが、相手が自ら後ろに体重を移動するようにうまく誘導する方法があります。

詳細はプログラムで解説しています。

小外刈りと小外掛けの技の違いを成功させるための要素は? 小外刈りと小外掛けは刈るか押し倒すかの違いがありますが、共通する部分が多くあります。

どちらも釣り手と引き手の使い方が非常に重要です。

先生が実際に崩し方を実演されているので、そちらもぜひ参考にしてください。

支釣込足で自分の体勢が乱れないためのコツは? 大外刈りのようにまっすぐ軸足を置くと、かける際に体勢が乱れやすくなります。

支釣込足をかける際は、前に動いても足の向きをやや内側に向けることが大切です。

その他の崩し方についてのコツも、プログラムで詳しく指導します。

隅返を自分の持ち技にするためのポイントは? 隅返は、ケンカ四つの場合には釣り手と同じ側の袖を持ってかけることが可能ですが、その際に片襟の状態になると指導を受ける可能性があります。

完全に問題ない方法もありますが、指導を受ける心配がない方法も存在するため、そのやり方もプログラムで丁寧に紹介します。

内股対策に長けた選手が確実に把握している重要事項とは? 相手の技に対処するための変化技としてメジャーなものに、相手の内股を返す内股すかし技があります。

柔道技におけるタイミングの重要性と練習方法

カウンターをかけるタイミングは様々であり、内股対策に悩む選手にとって重要です。

大外返しを決めるタイミングをつかむためには、身体を自在に使う技術とタイミングをつかむ能力が必要です。

これらの要点が明確に説明されているプログラムがありますので、ポイントを押さえて練習に取り組むことが重要です。

攻めから防ぎへの転換に役立つ回転技の防御方法

一瞬で攻めに転じるための回転技の防御には、相手の思い通りに回転をさせないことが重要です。

そのための引き手と釣り手、腰の使い方を相四つの場合とケンカ四つの場合でそれぞれ解説されています。

また、防御から攻めに転じるためのコツもプログラムで学ぶことができます。

捨身技への正しい対処方法

捨身技で負けてしまう選手が怠っている稽古とは、捨身技が来ると分かった時に前のめりになることが防ぎにくくなってしまう点です。

捨身技に対処するためには、自分の重心を下げることが重要です。

この対処法はプログラムで映像を通じて視覚的に理解できます。

正しい打ち込みのやり方と受け側の留意点

効果が期待できない間違った打ち込みのやり方については、受け側にとって重要なポイントがあります。

打ち込み時に受けが得るメリットは、技の入り方を体感できることです。

受けの時に留意すべきポイントをプログラムで学ぶことで、受け側にとっても取り側にとっても上達が感じられる打ち込みのやり方を身につけることが可能です。

柔道の基本となる乱取りの留意点

上達しない選手が見落としている「乱取りの留意点」には、柔道の地力をつけるために意識すべきポイントが3つあります。

組み合って柔道をすることが目標である現行の柔道のルールでは、これを念頭に置いた乱取りが重要です。

具体的な乱取りの留意点については、プログラムで学ぶことができます。

固め技の達人に共通する崩し方の秘訣とは?

「固め技の達人」と呼ばれる選手たちが使用する崩し方には、さまざまな秘訣があります。

例えば、相手を投げてから抑える方法、立ち技からの移行、相手がうつぶせ・仰向け・四つんばいの状態から崩す方法、自分の捨身技を受けられた後の対処方法、そして向かい合った状態から引き込む方法などがあります。

このプログラムでは、相手が四つんばいの状態、仰向けの状態、向かい合った状態から引き込む方法について詳細に解説しています。

非力でも四つん這い相手を背後から返す秘訣は何か? 四つん這い・うつ伏せの相手に対して攻めるのは一方的に有利な状況と言えますが、適切な崩し方が分からないと、力負けしてしまうことがあります。

そこで、このプログラムでは、四つん這い相手を背後、真横、相手の頭上の3つの方向から攻める方法を解説しています。

伏せた相手を横から攻める極意とは? 横からの攻め方もさまざまありますが、本プログラムでは、袈裟固や崩上四方固、絞め技に持っていく方法などを具体的に解説しています。

また、頭側からや背後からの攻め方についても多数紹介しています。

真後ろから縦四方固を決める際のキーポイントとは? 真後ろから回転させて縦四方固を決める際に、相手の肩の力や肩幅によって上になる動作が窮屈になることがあります。

このような場合の対策についても、本プログラムで詳しく説明しています。

仰向けの相手の攻めの習得のポイントは? 仰向けの相手に対して脚を抱えて攻める方法もあります。

このプログラムでは、一つ一つのポイントを押さえながら実演・解説しており、理解しやすい内容となっています。

柔道の技習得プログラムの内容と効果

柔道の技を習得するためには、引き込む際の基本姿勢や身体の使い方、足の使い方などが重要です。

このプログラムでは、それらの基本から始め、段階を踏んで一つ一つ技を習得していきます。

そのため、多くの技に挑戦することで初めて効果を実感できます。

もちろん、不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配はいりません。

このプログラムは、岡田先生の長年の研究と経験から、最も重要で効果的な技を厳選しています。

また、この技を応用するための指導も行い、自分に合った得意技を見つけることもできます。

柔道はもちろん、スポーツや武道全般において、安全で楽しく、効果的な稽古が上達への近道であり、それがこのプログラムの目指すところです。

柔道上達プログラムの特徴と効果

柔道を学ぶ上で、上達しないことに悩んでいる方には、新しい稽古法を取り入れてみることで、楽しみながら力をつけることができるかもしれません。

この稽古法を実践することで得られるメリットには、さまざまな点があります。

たとえば、技のバリエーションが増え、主導権を握る強い柔道ができるようになります。

また、立ち技や寝技における間合いの取り方や崩し方のコツが分かり、多彩なかけ方が身につきます。

さらに、技別に稽古法が分かるため、課題が明確になり、得意技を磨くことができます。

そして、具体的な防御の仕方が分かることで、自信を持って試合に臨むことができるでしょう。

この簡単でシンプルな稽古をすることで、柔道がさらに楽しくなり、自分の成長を実感することができます。

そして、理想的な体の使い方を身につけることで、自己自信を持つことができるでしょう。

このような理想を持つ柔道を学びたいと願う方に向けて、岡田式「柔道上達プログラム」を作成しました。

このプログラムは、岡田先生が大学トップレベルの選手に指導している内容を一般公開するものですが、個別サポートを大切にするために「限定」公開となっています。

このプログラムは、トップ選手だけができる稽古というわけではなく、初心者からハイレベルな選手まで幅広く対応しています。

岡田先生は多くのジュニア選手に対しても指導を行っており、ビギナーから将来を目指すハイレベルな選手まで、幅広いレベルの方々に対応しています。

効率的な柔道の習得法

もしも、技を安全にかけられるようになりたいと考えているなら、小学生でも実践できる柔道の練習方法があります。

このプログラムには、楽しく参加しながらレベルアップするための秘訣がぎっしりと詰まっています。

このプログラムを始める方々からよく寄せられる質問の一つが、「え?こんな簡単な稽古で本当にいいのですか?」です。

この質問は非常に重要な意味を持っていますので、しっかりと覚えておく必要があります。

実際に、効率的なトレーニングを追求していくと、非常にシンプルな方法がベストだということがわかってきます。

ただし、単純だからといって効果がないわけではありません。

むしろ、大きな効果が得られることがあります。

稽古が適切でなければ、指導者がどれだけ教え方を心得ていても、厳しいトレーニングを積んでも、筋力はつくかもしれませんが、ケガを多発する体でバランスも悪くなります。

これは柔道選手として望ましい体型とは言えません。

指導者は、ただ一方的に教えを押し付けるのが仕事ではありません。

個々の選手に適したトレーニングメニューを組んで指導し、戦略を練ることが求められます。

現代では多くのトレーニングメニューや教材が存在していますが、なぜ上達できない人が多いのでしょうか?それは単純に、自分に合ったトレーニングを行っていないからです。

多くの本やコーチからトレーニング方法を聞くことで混乱する方も少なくありません。

この稽古プログラムは、岡田先生の研究と指導経験に基づいており、中級者レベルの方々が更なる上達を目指す上で不可欠な技術が集約されています。

ぜひこの機会にこのプログラムを実践してみてください。

道場での練習に取り入れてもよし、指導に活かしてもよいでしょう。

柔道上達プログラムのご紹介

このプログラムは、即席で作られた稽古メニューではなく、岡田先生が20年以上にわたり柔道家や柔道関係者に指導を行ってきた経験に基づいて作られています。

性別や年齢、体力、センス、経験に関係なく、誰もが効果を期待できる稽古法です。

柔道は日本で生まれ、世界で愛されているスポーツです。

残念ながら柔道を楽しめずに悩んでいる方もいるかもしれませんが、それはもったいないことです。

理想の柔道、理想の技を持ち、自身の技で勝利を掴むことができるよう、力を高めましょう。

そして、柔道の楽しみをより一層深く味わえるようになります。

このプログラムでは、苦手意識を解消し、積極的でダイナミックな柔道で上達を目指します。

ただし、このプログラムを本気で実践することをお約束いただきたいと思います。

あなたは、その約束を守れますか?岡田先生は数多くの時間と情熱を注いでこの稽古理論を作り上げ、効果的な稽古を行えるよう努力してきました。

また、柔道愛好家や将来のジュニア選手に稽古の楽しさや正しい稽古の重要性を広く知ってもらうための活動にも取り組んできた一流の柔道指導者です。

そして今回は、特に強くなりたい柔道選手を対象に、組んで投げる技術や不利な状況から有利に技をかける方法に焦点を当て、成果を実感できる稽古内容でメニューを組んでいます。

柔道を学ぶ小学生の可能性について

小学生の柔道選手にとって、このプログラムは難しいものになるかもしれません。

しかし、指導を受ける中学生や高校生とその指導者を対象にしているので、小学生には少し難解に感じる言葉や禁止された技の解説も含まれています。

しかし、上級を目指す小学生選手にとっては、今後挑戦すべき内容です。

初心者でも柔道のプログラムに取り組めますか?

初心者でも大丈夫です。

このプログラムは、中級者から上級者を対象に、より上達するための効果的な稽古法を教えています。

そして、柔道を続けていくうちに必要になる技術が集約された教材であり、岡田先生が注意事項ややってはいけない方法も解説しています。

非力な女性柔道愛好家でも可能でしょうか?

筋力は柔道で重要ですが、技術も同じくらい大切です。

このプログラムは、筋力のハンデがあっても得意技を身につけて勝つことを目標としています。

つまり、体が小さくて運動神経に自信がなくても、このプログラムに取り組めることになります。

特典質問に対して回答・アドバイスをしてもらえますか?

はい、もちろんです。

特典質問に対して、回答やアドバイスを提供いたします。

購入に関する情報について

質問内容や方法には条件がありますが、動画教材に関連するテーマであれば回答します。

例えば、「才能」や「センス」は考える必要はありません。

技術や上達を目指している人は購入を検討してください。

返金保証がありますが、実践後に効果がなければ全額返金します。

送料はお客様の負担で、詳細は特典1の項目を確認ください。

価格について、道場に通う費用を考えると安いと言えます。

サポート特典や領収書の発行、海外発送にも対応しています。

詳細はお問い合わせください。

将来の柔道家へのメッセージ

追伸:岡田弘隆より将来の柔道家の皆様へ


私は長年、筑波大学でのトップレベルの選手だけでなく、多くの小中学生や一般の方々の指導も行ってまいりました。

今回の教材では、ある程度の基礎的な技術を持った小中高生選手や指導者を中心に、「どのようなことを身につけるべきか?」に重点を置いて解説いたしました。

それらには、技自体のこと、連絡技・変化技の応用法、防御法、さらに相手の崩し方なども含まれています。

一番伝えたかったことは、自分が投げるための組手を習得してしっかりと相手を崩して投げることです。

組み手争いのスキルに焦点を当て、「負けない柔道」ではなく、技術性の高い技を身につけて「組んで投げる」柔道を目指して欲しいということです。

このプログラムで学ぶ将来の柔道家の皆様には、いろいろな技の習得とその応用練習で、体格や腕力だけで自分の得意技を限定せず、投げる技の上達にチャレンジしていただきたいです。

そして、体格差を超えて、冴えある一本勝ちで勝つ、真の強者になっていただきたいと願っております。

この「柔道上達プログラム」を本気で実践すれば、きっと実現できると信じております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました